レノファ山口vs栃木SC

バス市場

初のアウェイグリスタにやって来ました!!

 

栃木県内には良く行くものの「小山市」「栃木市」「那須塩原市」「日光市」など、栃木県の県

 

庁所在地で最大都市でもある宇都宮市に行ったことがなく今回が初めて、せっかくの宇都宮と言う事で、別のスポーツ観戦も兼ねて前泊しました。

 

おかげで最高の栃木三昧となりました。

 

 

試合当日は宇都宮のホテルを7:00時代にチェックアウト。列整理の10:00に間に合うように路線バスに乗りました。

 

東京団体はすでに3人到着!!
しかし寒いですね。

 

 

試合レノファが前半3得点、後半2得点と効率的に重ね

 

途中危なっかしい時間帯も有りましたが、大量得点に守られセーフ...2失点は反省材料だと思います。

 

 

 

結果
2−5と逃げ切り3勝目を上げました。

 

山口からも大勢駆け付けてきてくれました。

 

 

鮎釣りの竿が旗振りには軽くて便利でしたが、使用開始1年でついにぶっ壊れました。
次節以後は「アルミ」か「塩ビ」で振ります(笑)

 

 

応援の基本鼓動は太鼓だけど、スネアを使う事で応援に厚みが出ます。今回の様な人数が少なく声量が続かない試合はスネアの音がとても重宝されます。

 

しかし逆に言えば
スネアの音が無くなると、骨組みだけの応援になりました。

 

応援の基本は「声」と「手拍子」です。

 

 

道具に頼らなくても魂のこもった応援ができるよう、自分達はまだまだ課題が山積みです。

 

2週続けての関東アウェイ

 

情報だと年度末が近付いてる影響も有り、山口遠征組は少なくなりそうなので、東京の近郊人が

 

出来るだけ試合に参戦してレノファを応援サポートするしかありません。

 

関東の地で途絶えさせるわけには行きませんから

 

昨年の終盤の様に、絶対維新へつなげてやりましょう。
よろしくお願いします。

 

栃木2-5山口
入場者数4,681人

栃木SCウルトラと反省会

ゴール裏の中心で応援を主導する若手栃木サポーター達と個人的に親交があります。

 

相手のサポーターと仲良くするの事に対し良く思わない人も居ますが、こういう事もこれからのJ

 

リーグを盛り上げる為には必要。

 

それに試合が終われば、相手じゃ無くなるので!!

 

栃木SCのコールリーダー・ドラム・スネア・旗達との反省会は、有意義な時間になりました。

 

こう言う人達と話をする事って応援に対するヒントが生まれたり気づかされたりします。
だから本当に盛り上げるためには重要だと思います。

 

維新の試合の後は自分達が「もてなす」側になります(もちろん試合結果に関係なく)